寅さんサミット2018は終了いたしました。ご来場、ありがとうございました。

第36作『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』上映会

日時:
11月4日(日)13:00~14:45
会場:
柴又帝釈天 鳳翔会館

※こちらの回は、映画上映のみとなります。

映画『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』を上映します。
映画上映会に参加された方には、寅さんサミットオリジナル缶バッジをプレゼントします。

タコ社長の娘・あけみ(美保純)が夫婦喧嘩の果て、家出してしまう。ワイドショーに出演して「戻ってこい」と訴えるタコ社長。帰宅した寅さんの広い顔のつてで、あけみが下田にいることが判明する。そこまでは良かったが、あけみの傷心を慰めるはずの寅さんは、式根島への連絡船で知り合った島の小学校の同窓生達を迎えた、美しい真知子先生(栗原小巻)に一目惚れ。あけみを放って、同窓会へ参加してしまう…
壷井栄原作、木下惠介監督作品『二十四の瞳』(54年)へのオマージュらしく、島の先生と同窓生たちのエピソードを軸に、第4作『新男はつらいよ』以来二度目のマドンナをつとめる栗原小巻と寅さんの物語が綴られる。式根島から柴又に戻ってから、気が抜けてしまった寅さんの“恋やつれ”ぶりも楽しい。個性派・川谷拓三や、下田の寅さんの仲間の渡世人を演じ、これがシリーズ初出演となった笹野高史など、名傍役たちの演技も光る一篇。

 

©松竹株式会社

1985年公開 上映時間:105分
原作:山田洋次/脚本:山田洋次、朝間義隆/監督:山田洋次
出演:渥美清、倍賞千恵子、下條正巳、三﨑千恵子、前田吟
マドンナ:栗原小巻 ゲスト:川谷拓三
舞台:静岡県下田市・浜松市、東京都新島村、福島県会津若松市

ご覧いただける人数(約100名程度)に限りがございます。
各回、整理券を鳳翔会館前にて配布いたします。
11月3日(土)12:00の回 ⇒11月3日(土)11:00~ 鳳翔会館前
11月4日(日)10:00の回 ⇒11月4日(日) 9:30~ 鳳翔会館前
11月4日(日)13:00の回 ⇒11月4日(日) 9:30~ 鳳翔会館前
※より多くの方にお楽しみいただくため整理券のお渡しは、お一人様一枚までとなります。お受取時にご希望の回であるかお確かめ下さい。

関連イベント:寅さんサミットオリジナル缶バッジ