寅さんサミット2017は終了いたしました。ご来場、ありがとうございました。

サミット開催にあたり

開催概要

イベント名
寅さんサミット 2017
テーマ
日本の原風景を守り、後世に伝える
日時
平成29年11月25日(土)、26日(日) 午前10時~午後4時
会場
柴又帝釈天、帝釈天参道、葛飾柴又寅さん記念館、特設会場(葛飾区柴又7-9) →「会場アクセス
主催
寅さんサミット実行委員会
(一般社団法人葛飾区観光協会・葛飾区・東京商工会議所葛飾支部・葛飾区商店街連合会・柴又神明会・かつしか異業種交流会・葛飾柴又寅さん記念館・葛飾エフエム放送株式会社)

参加地域(ロケ地)

秋田県鹿角市/宮城県栗原市/茨城県常総市/茨城県つくば市/群馬県中之条町/千葉県松戸市/東京都新島村/長野県小諸市/静岡県焼津市/兵庫県たつの市/奈良県斑鳩町/岡山県津山市/岡山県高梁市/福岡県朝倉市/佐賀県小城市/宮崎県日南市/オーストリア共和国ウィーン市

実行委員長挨拶

今年3月、柴又駅前に寅さんの最愛の妹さくらの像、「見送るさくら」像が完成し、柴又を訪れる皆様に、映画『男はつらいよ』の世界そのままの兄妹の姿をご覧いただけるようになりました。

寅さんサミット2017のポスターは、青空と寅さん、そして、寅さんを優しく見守るさくらさんです。兄と妹の間を流れる深い愛情とさくらさんの優しさが会場を包み込んでくれる、そんな寅さんサミット2017にしてまいりたいと考えております。

3回目の開催となる今回、北は秋田県鹿角市、南は宮崎県日南市など、全国から昨年度を上回る17ロケ地の皆様に、ここ柴又の地に集まっていただきました。7月の九州豪雨で甚大な被害を受けられた福岡県朝倉市におかれましては、まだまだ大変な中にもかかわらずご参加いただき、心より感謝申し上げますとともに、1日も早い復旧をお祈り申し上げる次第でございます。

今年も、全国各地の魅力と寅さんの世界をご堪能いただけるイベントを多数ご用意いたしました。各地が大切にしている原風景や文化芸能、そして、各地の特産品やお土産、グルメをどうぞお楽しみください。

「寅さんサミット2017」を、寅さんが繋いでくれた全国各地のロケ地と葛飾区柴又との交流を深め、そして、各地を盛り上げていく2日間としてまいりたいと考えております。

「寅さんのふるさと」葛飾区といたしましては、「夢と誇りあるふるさと葛飾」の実現に向け、地域の皆さんとの協働によりまして、葛飾区の魅力を高め、葛飾区に住んでいて良かった、訪れる皆様が来て良かったと実感できる取り組みを続けてまいります。

平成29年11月
葛飾区長 青木克德
寅さんサミット実行委員長 齊藤勝治

田中洋次監督コメント

寅さんの好きな町や村、寅さんに似合う風景をもとめて
ぼくたちロケ隊は日本中を旅して来ました。
そのロケ地にかかわる人々が寅さんの故郷である
なつかしい葛飾柴又に集って「寅さんサミット」が開催されることを
心から嬉しく思います。

映画『男はつらいよ』がこのような催しを通して地域と地域、
人と人とをつなげてゆく架け橋となってくれることを知って、
寅さんは光栄に思うはずです。

渥美清さんが去って20年あまりになりますが、寅さんは永遠であってほしいと思います。

山田洋次
山田洋次監督

寅さんサミットとは?

人は、誰もが心の中に原風景を持っています。それは、人それぞれに違うものであり、実在する風景、実在した風景、あるいは心の中の風景であるかもしれません。しかし、いずれであっても、どこか懐かしい気持ちにしてくれたり、子どもの頃の記憶をよみがえらせてくれたり、心を落ち着かせてくれるなど、その人にとって大切な風景です。

色々なものがもの凄い勢いで変化していく今の時代。「変わらない」ということの持つ力を見つめ直す時かもしれません。映画『男はつらいよ』の世界に広がる「いつまでも変わらない風景や人情」は、「寅さん」がこよなく愛した風景であり、葛飾柴又が大切にしてきた風景です。映画のロケ地となった各地域のそれぞれの風景を「原風景」というキーワードで結び、これを大切に守り、育んでいく機会として、イベント開催いたします。

寅さんサミット実行委員会